NEWS

KEISUKE’S REVIEW サンプドリア戦

2015.12.18

 

2015年12月17日(イタリア時間)に行われた、コッパ・イタリア5回戦 サンプドリア戦後の選手インタビューを更新しました。

アウェイでサンプドリアと対戦し、2-0で勝利。準々決勝に駒を進めました。本田選手は後半途中から出場し、2点目をアシスト!

— 質問内容抜粋 —
1)相手はしっかり2列のブロックを敷き、フォワード入るボールを絞りつつドリブルでの侵入も防いでいました。
一方、1対1での守備の場面が多く見られたミランのDFスタイルは、結果として一歩遅れとる形になっていた印象です。常々個の勝負とおっしゃっていますが、どちらの方が効果的な守りができると考えますか?

2)逆に、攻撃時には、個が活かされる局面を作り出すまでにチームという枠組み、つまり和の部分が必要であると思います。和から個へと落とし込んでいくその部分の具体的プランは、今日のピッチ上で満足いくレベルで共有されていたと感じていますか?

3)前線のボールにきっちり詰め切り、チャンスを作る場面がいくつかありました。1つが得点につながり、本田選手のいい部分が結果として残りました。20日にはすぐ試合もあります。それに向けて一言お願いします。

↓続きは、以下よりご覧ください。

KEISUKE’S REVIEW サンプドリア戦 Review

※こちらは会員限定のサービスとなります。
まだ会員でない方は新規会員登録が必要です。

>>●サンプドリア戦 試合結果

SPONSORS