NEWS

KEISUKE’S REVIEW トリノ戦

2015.10.18

■KEISUKE’S REVIEW更新!!

本田選手はベンチスタートで、後半43分から出場。試合は、ミランが先制するもトリノに追いつかれ、1-1のドロー。

— 質問内容抜粋 —

1、代表戦からあけて最初のミランの試合でしたね。キャンプからやってきたシステムから昨年と同じ4-3-3に戻りましたが、チームとして戸惑いや迷いはありませんか?積み上げてきたサッカーをここで捨ててしまうのか、それともポジティブな変化なのでしょうか。

2、先制するも同点に追い付かれる展開でした。終了間際の、仕事をするには時間がなさすぎるタイミングでの出場になりましたが、どんな意識で試合に入りましたか?

3、前節のナポリ戦後の発言がまだニュースになり続けています。ファンからも心配の声がありますが、あの発言後、予想通りのチームやメディアの反応でしたか?本田選手やチームの状況はいい方向に向かっているのでしょうか?いろんなリスクや効果を考えた上での発言だったと思いますが、その後の本田選手を取り巻く状況がとうなっているのか、言える範囲で教えて下さい。

—————————-

↓続きは、以下よりご覧ください。

KEISUKE’S REVIEW トリノ戦

※こちらは会員限定のサービスとなります。
まだ会員でない方は新規会員登録が必要です。

●トリノ戦 試合結果>>

SPONSORS