NEWS

KEISUKE’S REVIEW サッスオーロ戦

2015.10.26

■KEISUKE’S REVIEW更新!!

ACミランは苦しみながらも、終了間際のルイス・アドリア–ノのゴールで何とか勝利をつかみました。本田選手は88分から途中出場。結果を出すにはあまりにも時間が少なすぎました。

— 質問内容抜粋 —

1.前節からのフォーメーション変更により、ファーストディフェンダーと2列目の配置が変わりました。観ていても、チームとして機能するのに時間がかかると感じます。この形を定着させるために必要なことはどんなことですか?

2.ホームで相手がひとり少ないという圧倒的有利な状況で、なんとか勝利を掴みました。ルイス.アドリアーノが決勝ゴールを決めた時はチーム全体が喜んでいる姿が印象的でした。この勝利はチームや本田選手自身にとってどんな勝利でしたか?

3.2試合連続で残り3分をきってからの出番となりました。この短い時間で結果を出すのは明らかに難しいことですが、この状況をどう捉えていますか?3分間のチャンスを与えられたというプラスな考えですか?

—————————-

↓続きは、以下よりご覧ください。

KEISUKE’S REVIEW サッスオーロ戦

※こちらは会員限定のサービスとなります。
まだ会員でない方は新規会員登録が必要です。

●サッスオーロ戦 試合結果>>

SPONSORS