NEWS

SVホルンが国連をアシスト!

2017.03.13

本田圭佑が実質的なオーナーを務めているオーストリア2部のSVホルンは、国際連合の掲げる取り組みに賛同し、SVホルンのユニフォームの胸とホームスタジアムの看板の広告枠を提供し、国連が掲げる「世界を変えるための17の目標」のロゴを掲出することに決定しました。SVホルンという小さなサッカークラブですが、国連が掲げる“目標”に向けてアクションを起こすことで、世界をよりよく変えるために少しでも多くの人を巻き込んでいきたいと考えています。

3月14日(火)のホームゲームでユニフォームのお披露目となり、選手入場の際にエスコートキッズたちが、これらの“17の目標”の横断幕を手に入場する予定です。今後もクラブとして、“17の目標”に対する具体的なアクションを起こすとともに、SVホルンを通して観ている方々にメッセージを伝え、ひとりでも多くの方を巻き込んでいくことを目指していきます。

 

 

本田圭佑は、昨年、国連財団の「Global Advocate for Youth」に任命されています。今後更に、「教育・貧困・環境」をキーワードに個人的にも活動の幅を広げていく予定で、今回のSVホルンと国連との連携も、これまでの活動や考えの延長線上にあるものです。

 

SPONSORS